価値連鎖

ポーターのバリューチェーンとは、企業における各部門でのパフォーマンスでいかに製品に付加価値を加えられるかを分析するフレームワークのひとつです。
企業は主活動である生産部門と支援活動である管理部門に分かれるのですが、それぞれが価値を付加することが最終的には顧客に利益を還元し、満足度の高い製品を提供することになる、という原理に基づいているのです。

これは外資系企業のストラテジーによく掲げられているものであり、顧客満足度を高い企業ほど優位度が高く位置づけられるのです。
このフレームワークは縦割りの業務の流れを主体とする日本の企業には中々受け入れにくいところがあります。

管理部門は実際に製品のプロセスには関わらないので関係無い、と思っているのではバリューチェーンは成り立ちません。
社員が皆企業サービスを構成する一員だという団結の元に築かれていくものなのです。

企業内での業務の流れを全て連結させて価値連鎖を図るという経営方針が非常に重要だという考え方なのです。

ビジネスのフレームワーク:HOME
PPM分析
MECEに分類

5W1H

3C分析

組織の7S

SWOT分析

マーケティングの「4P」

五感のDMサービス

アンゾフの事業拡大マトリクス

バリューチェーン(価値連鎖)

製造業におけるQCDの変遷