PPM分析

ビジネスには成長力のあるのもと業績の悪い問題のある事業があります。まずはビジネスや製品を4つの性質に分けて考えることで、今後の戦略を決定するのに使う手法です。横軸に「自社の市場シェア」を、縦軸に「市場の成長率」をとって、スター・問題児・金のなる木・負け犬に分けて製品などのライフサイクルを考えてみます。

金のなる木とは…
市場シェアが高く、投入資金が少なくても収益率が高い製品のことで成熟事業です。成長率は低いので思い切った投資をするのではなく、金のなる木で得た収益は他の事業へ回すために使うのが効果的です


スター(花形製品)とは…
市場のマーケットシェアをキープするのに資金はかかりますが、収益率は高く成長性著しいビジネス。シェアさえ維持することができれば、市場成長率の鈍化するに連れて「金のなる木」になりますが、失敗すれば「問題児」に転落すします。

問題児とは…
成長率の高さはありますが、マーケットシェアが低いので資金の流出が多くあまりおいしくないビジネスと化しています。将来の成長が見込めるビジネス領域なので「花形製品」にするために資金投入をしながら効率的な戦略が必要です。


負け犬とは…
衰退市場を土俵にしているビジネス。資金の流出と流入のいずれも低いので、投入する資金以上の収益がなければ事業の売却・撤退・縮小をする必要性があります。

ビジネスのフレームワーク:HOME
PPM分析
MECEに分類

5W1H

3C分析

組織の7S

SWOT分析

マーケティングの「4P」

五感のDMサービス

アンゾフの事業拡大マトリクス

バリューチェーン(価値連鎖)

製造業におけるQCDの変遷