MECEに分類

論理的思考を行うことで一見複雑なことでも、何かしらの関係性や法則性を導きながら、推測できるようになります。そのために大切なことの一つとして、MECEに分類することがあげられます。MECEとは、Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略で、ミーシーやミッシーなどと呼びます。世の中の事柄を「ダブりなく、漏れのないように」正確に分類できるようになります。

例えば、売上をどんどん上げていきたいと思っても、すぐにアクションを起こして成果を出すことが出来ないのは、どこがボトルネックになっているのかが分析出来ていないためです。MECEの切り口を多くして、ロジックツリーなりに分類しながら現状を分析して改善点を見つけていくことが何よりも先決なのです。身近に持っている曖昧で膨大な情報でも「こうではないのかな?」と推測して仮説を立て、検証していくことが結論を導くための近道です。日常的に仮説を作る習慣を身につけておくと、MECEであいまいな事象に的確な論理を落としこんで、結果を出せるようになります。

ビジネスのフレームワーク:HOME
PPM分析
MECEに分類

5W1H

3C分析

組織の7S

SWOT分析

マーケティングの「4P」

五感のDMサービス

アンゾフの事業拡大マトリクス

バリューチェーン(価値連鎖)

製造業におけるQCDの変遷