5W1Hとは

Webサイトの設計をするために、いろいろ調べていたところ、あるサイトで、5W1Hを意識してWebサイトを設計するためのコンセプトワークのコツについて紹介していました。

そのサイトを見てみると、Webサイトを設計する「5つの段階」において、Webサイトを設計するには事前の準備が大切であるということで、古い表現ですが「5W1H」が役に立ちますということでした。

また、取りこぼしを極力防ぐためには、「いつ、誰が、どこで、どのように、なぜ、サイトを利用するのか」ということを突き詰めてゆく必要があるということでした。

具体的には、Whatはサイトの目的や意義は何か、Whoは誰がサイトを利用するのか、Whenはいつサイトを利用するのか、Whereはどんな環境でサイトを利用するのか、WhyはなぜWebサイトを利用するのか、Howはどのようにサイトを利用するのか、ということでした。

このように、5W1Hの議論を基本にして、サイトの存在する意義を上手にまとめるようにするとコンセプトワークは完成ということでした。

プライベートにも使える5W1H

プランニングの必須事項「5W1H」。いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)、という要素だ。
これを常に意識すれば、精度の高いプランが作れる。
ビジネスだけでなく、プライベートにも応用可能だ。

たとえば、彼女の実家に結婚の申し込みに行くとき。

デート帰りに家まで彼女を送ったついでに、ふと思いついて、そのままあがりこんで結婚の申し込み・・・これでは成功率が低いだろう。

「来週の日曜の午後」、「横浜の彼女の実家へ」、「彼女と僕と2人で」、「挨拶し結婚を申し込む」。「ご両親が安心できるように」、「礼儀正しく頼りがいのある男として振る舞う」。

このように、5W1Hで骨格をつくれば、自ずとその目的やスケジュールに沿った肉付けができる。服装、言葉使い、事前の連絡などが自然にできるのだ。

仕事でもプライベートでも、大事なプランをたてるときに5W1H意識すること。そうすれば、何をやっても大はずしすることはないし、プランの詳細を詰めるのも用意になる。

日常生活のイベントにも

あなたは、今までに何らかのプランニングをした経験はありますか?プランニングというと難しく考えがちですが、これはビジネス上のプロジェクトだけではなく、日常生活のイベント、例えば恋人とのデートのようなことも一つのプランニングといえます。

皆さんは、プラニングをする際、どのような手順で進めていかれますか?
アイデアを次々に列挙していったり、複数の人たちと話し合ったりと方法は様々ですが、順序立てて進行しなければ、どうしても計画に漏れが出てしまいます。

そこで役に立つのが「5W1H」というフレームワークです。
これは、「When 」「Where」「Who」「What」「Why」「How」から成り立つもので、この6個の条件に沿ってアイデアを整理していくと、プラニングがしやすくなります。

例えば、「あるホームページを作る」というプロジェクトに対して、この「5W1H」にそって考えてみます。「完成時期」「どこで作成するか」「着手するスタッフ」「どんなものにするか」「作成理由」「作成方法」といった項目に従って整理していくと、プロジェクトも進めやすくなります。

この6個の項目は、当たり前のように感じますが、この当たり前のことが企画の成功には必要なのです。

ビジネスのフレームワーク:HOME
PPM分析
MECEに分類

5W1H

3C分析

組織の7S

SWOT分析

マーケティングの「4P」

五感のDMサービス

アンゾフの事業拡大マトリクス

バリューチェーン(価値連鎖)

製造業におけるQCDの変遷