マーケティングの「4P」

マーケティングについて勉強をしたいと思って、マーケティングについて調べていると、マーケティングを考える時に欠かせないのが「4P」ということでした。

また、「4P」というのは、企業が商品を顧客に届けるまでの過程を、企業側の視点(売り手の視点)で分類したもので、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)の頭文字をとったものですということでした。

Product(製品)については、顧客のニーズに合った製品を作ること、商品の品質や付加価値、ブランド化などを考えることが必要ということでした。

また、Price(価格)については、売上が、商品の価格によって大きく左右されるため、価格決定は重要な戦略ですということでした。

また、Place(流通)については、ただ商品を運ぶだけでなく、どこにどれくらいのものを流通させるのかが大事ですということでした。
また、Promotion(プロモーション)については、顧客が商品の存在に気付いて、「欲しい」と思ってもらうことが必要ですということでした。

ビジネスのフレームワーク:HOME
PPM分析
MECEに分類

5W1H

3C分析

組織の7S

SWOT分析

マーケティングの「4P」

五感のDMサービス

アンゾフの事業拡大マトリクス

バリューチェーン(価値連鎖)

製造業におけるQCDの変遷