3C分析とは

事業を行う上で経営者の方々は様々な理論や分析、評価方法を書籍やセミナー、webなどを活用して情報、手法の収集にあたったことがあるかと思います。それらには様々種類、方法がありますが、3C分析も事業を把握、分析するための手法のうちの一つです。

事業の現状を分析する前の事業の概観・概要(アウトライン)を大まかに纏める、理解する際に役立つ分析手法と言われています。
3つのCがそれぞれ意味する単語は以下の通りとなっています。
Company:自社(=内部要因)
ブランド(独自性)、技術力、販売力、収益性、シェア、人材など
Customer:市場や顧客(=外部環境)
ニーズ、市場規模、成長性など
Competiter:競合(=外部環境と内部要因)

競合企業に比べての自社強み・弱み、参入障壁、寡占度など
上記の3つを軸として、単語、もしくは短文でできる限り定量的に書きだしていくことで、事業の概観・概要(アウトライン)を大まかに理解をする手助けとなる手法です。

ビジネスのフレームワーク:HOME
PPM分析
MECEに分類

5W1H

3C分析

組織の7S

SWOT分析

マーケティングの「4P」

五感のDMサービス

アンゾフの事業拡大マトリクス

バリューチェーン(価値連鎖)

製造業におけるQCDの変遷